中型二種の運転免許

最近はやたらと運転免許の種類が増えているので、よく意味が分からなくなってしまったという人も多いでしょう。なぜこのように免許の種類がどんどん増えていくのかというと、交通事故が一向に減らないからです。そのため、免許の種類を細かくして、教習の内容を充実させることで対策をしているようですが、実際に交通事故の量は減少しているものの、主な理由は車離れが多いからだといえるでしょう。警察の体制改善や刑罰の強化などを行わない限りは、免許の数だけ増やしても無駄だという意見が多くなっています。

しかし、数多く存在している運転免許の中には、中型免許というのがあります。つい最近できた免許の種類なので、よくわかっていないという人も多いでしょう。2007年に導入された免許の種類なので、よく知らない人のために解説させていただきます。中型免許というのは、車両総重量が5トンから11トン未満まで、最大積載量が3トンから6.5トン未満まで、乗車人数が最大で29人までの乗用車やトラック、マイクロバスなどの運転が可能になります。

もちろん中型免許を持っていれば、普通免許で運転できる自動車も乗ることが可能です。さらに中型免許には、1種免許と2種免許が存在しているのですが、通常の免許は1種になります。2種免許というのは、人間を乗せて料金を取ることが可能な免許となっているのです。タクシーやバスなどが当てはまるでしょう。当サイトでは最近導入された中型2種免許について、様々な情報を紹介しています。